18歳未満禁止 R-18 ROろ過水 softbank Xmas Yahoo! zozoタウン たまごクラブ ひよこクラブ やりくり ゆらぎ荘の幽奈さん アクション アニメ アプリ インスタ映え ウォーターサーバー エポスカード カップル カードローン ガソリン ガーデニング キティちゃん キャッシング キャッシングローン キララ ギャンブル クリスマス クレジットカード ケーキ ゲオ コスプレイヤー コネクト コミック サクラ サプライズ ジョン・ウィック ストレス ダイエット ティッシュ デオドラントケア ネットショッピング バイオハザード バイト バースデー パチンコ フリーザ ブックオフ ブライダル プレゼント マタニティ マンガ ライフカード リボ払い リーマンショック レイヤー ワキガ 一本化 三十代 乾燥肌 二十代 交通事故 仕事 体臭 保険 個人再生 借金 健康 債務整理 内軟骨症 地獄 大人 天然水 失神ゲーム 女性 子ども 小学生 工場 彼女 彼氏 恋愛 感染症 慰謝料 探偵 方法 旦那 映画 東日本大震災 楽々 派遣 派遣切り 浅田真央 浮気 浮気調査 炭酸水 特定調停 産後 男性 病気 突然死 簡単 約束のネバーランド 美容 美脚 肌トラブル 腋臭 自己破産 裏掲示板 詐欺 誕生日 赤ちゃん 返済 通り魔 週刊少年ジャンプ 過労死 野良猫 金融 電子書籍 10代 20代 30代 40代 50代 60代 CG ENEOS U-NEXT

自己破産

◎自己破産って? 自己破産は債務者自ら或いは弁護士に代理人を依頼の上、自分の住所地を管轄する地方裁判所に申立て、債務者の財産を換価して債権者に公平に配当する事で生産をする『破産手続き』と借金を消滅させる『免責手続き』の2つの法的手続きを行うものです。 手続きには、破産管財人が選任される場合(管財事件)と、選任されない場合(同時廃止)があります。 破産手続き開始が決定されて破産管財人が選任される場合は管財事件となり、破産手続きが行われた後に破産手続きが集結されますが。債務者の財産が極めて少なく、裁判費用を支払えないと裁判所が認める場合には破産手続きの開始決定と同時に手続きが廃止されます。これを同時廃止といいます(破産法第216条)。  法令 破産法(平成十六年六月二日法律第七十五号)対象者 支払不能な状態にある人手続き開始要件 破産の申立てがあり、破産の原因があると裁判所が認める場合手続きの概要 破産手続きと免責手続きの2つの手続きがあり、破産手続きにて債務者(申立人)の財産・資産を処分・換金し、破産手続き費用等を差し引いた残りの財産(残余財産)を債権者に公平に分配(配当)することで清算する。  破産手続き終了後に免責不可事由がなければ免責許可が決定される。債務者(申立人)に手続き費用を払える資力がないと裁判所が判断する時は破産手続きの開始とともに破産手続きの廃止が決定され破産手続きが行われない場合がある(同時廃止)。  多重債務者による自己破産では、多くがこの方法を…

続きを読む

個人再生

◎個人再生って? 個人再生(個人民事再生)は、債務者自ら、或いは弁護士に代理人を依頼の上、債務者の住所地を管轄する地方裁判所に申し立て、債務者の収入から、定期的かつ3年以内で弁済可能な再生計画を裁判所に提出し、再生計画が認可されると大幅な債務の減額を図れる法的手段です。 個人再生には債権者の過半数の同意を持って認可される『小規模個人再生』という手続きと、債権者の同意が無くても裁判所が認可すると債務の大幅な減額が認めらられる『給与所得者等再生』手続きの2種類があります。  法令 民事再生法(平成十一年十二月二十二日法律第二百二十五号)第十三章 小規模個人再生及び給与所得者等再生に関する特則対象者個人の債務者で将来にわたって継続的に反復して安定した収入があると見込まれる(小規模個人再生)、さらに給与等の安定収入がある人でその変動の幅が小さいと見込まれる(給与所得者等再生)人で、住宅ローンや担保等のある資産を処分することで弁済できるものを除く、債務の総額が5,000万円未満の人手続き開始要件上記の条件を満たす人からの申立てがあった場合手続きの概要 債務額の調査・確定後、再生計画を提出し、再生計画が認可されると債務が減額される。手続きする場所 債務者の住所地を管轄する地方裁判所手続き期間おおよそ6カ月。おおよその費用手続き費用として約2万円、個人再生委員が選任される場合その費用として約31万円、別途、弁護士費用として10万円~60万円成立の効果 債務額が3,000万円~5,000万円…

続きを読む

特定調停

◎特定調停って? 特定調停とは、簡易裁判所を利用して負債を圧縮する手続きで『支払い不能ではないが、このままだといつかは行き詰ってしまう』という状況にある負債者の経済的再生を図る手続きで、平成12年2月から施行された新しい債務整理です。 簡潔に言うと、裁判所を通した任意整理ともいえるので、特定調停も任意整理と同じように利息制限法で引き直しをした後の債務を3年以内に返済可能かどうかです。 また、特定調停は専門的な知識が無くても申し立てる事が可能なので、弁護士・裁判所に依頼をするお金の無い人が裁判所の力を借りる事によって簡単に債務整理を行う事が出来ます。  法令 特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律(平成十一年十二月十七日法律第百五十八号)対象者 支払不能に陥る恐れのある人手続き開始要件調停の申立てがあった場合手続きの概要 申立て後、事情聴取期日に出廷して調停委員に対して現在の生活の状況や今後の返済方法について申述し、後日、調停期日に出廷し相手方(債権者)と債務額の確定及び返済方法を調整する。 調停が成立すると債務の減額が図れる。個人債務者の場合は、利息制限法の上限金利にもとづく「引き直し計算」をもとに債務の減額を調整する。手続きする場所 債権者(相手方)の住所地を管轄する簡易裁判所手続き期間 おおよそ2カ月。おおよその費用 申立手数料として債権者一人当たり500円。手続き費用として1450円。手続き費用は債権者が増えるごとに250円加算される。 弁護士・司法書…

続きを読む

任意整理

◎任意整理って? 任意整理とは、裁判所を介さずに債権者との交渉によって債務額の確定を行い、弁済方法について和解する方法です。 債務者(借金した人)本人が行う事も可能ですが、裁判所を通さない『私的な』債務整理なので、債権者の有利な合意内容になってしまいがちです。 あくまで主導権は向こうにあると考えて良いでしょう。 任意整理を行うのであれば、弁護士や法務大臣から代理権を付与された司法書士(認定司法書士)などの専門家に依頼した方が良いでしょう。 任意整理を行う場合は、全ての債権者(借りているカードローン・キャッシングローンの各社)との合意が必要になり、返済期間もあまり長期になると応じて貰えないケースもあるので、3年程度が目安です。  法令 -対象者 利息制限法を超える利息での支払いをしている(いた)人で、債務の減額をはかりたい人。手続き開始要件 債務の減額を相手方に要請するとき手続きの概要 利息制限法の法定利息に基づき「引き直し計算」を実施して超過した支払がある場合、弁護士・司法書士に依頼して相手方(債権者)と債務の減額や返済方法につき交渉してもらう。交渉が成立すると債務の減額が図れる手続きする場所 任意手続き期間 おおよそ2カ月。おおよその費用 弁護士報酬の場合、10万円 - 50万円。司法書士報酬の場合2万円 - 30万円の着手金と減額報酬がある場合はそれを支払う必要がある。成立の効果 交渉が成立した債務の減額や返済方法などは、合意書として契約が交わされ、契約を持って法的…

続きを読む

8.債務整理の詳細

前回の最後に僅かに触れた『債務整理』について詳しく説明します。 既に調べた方もいるかもしれませんが、ここでも説明し、実際に行った上で感じた良い点悪い点を挙げようと思います。 1.債務整理とは……? まず、『任意調停』『特定調停』『個人再生』『自己破産』の4種類に分けられます。 自己破産はよく聞いた事があるかもしれませんね。僕もそれは聞き覚えのある言葉でした。 法的に債務を整理すれば元金の減額や利息が免除になるなど現状の借金返済の終わらないサイクルから抜け出す事が出来ます。 債務の総額や収入、財産の状況、収入を今後も続けて得られるかなどを検討して、どの手段を選ぶかを決めます。 また、債務整理が行われると信用情報機関に記載されるので、整理後の5~7年間は借り入れや新たにクレジットカードを作る事が出来なくなってしまいます。 手段の選択基準は以下の通りです。 ◎手段の選択基準について まずは収入の有無で分けられます。収入が無いという事は債務整理後も返済不可能ということで『自己破産』を選ばざるをえません。更に財産・資力共に無い場合は手続きの同時廃止についてもご理解する事をお勧めします。 次に借金の金額の大小で検討されます。月々の借金返済可能額の3年分(36ヶ月)より借金総額が大きいかどうかで手段の検討をする事が可能です。 一般的に、借金返済可能額を36倍(3年分)した金額よりも借金総額が小さい場合は『特定調停』や『任意調停』が向いているとされ、返済可能…

続きを読む

借金完済までの道のり

以前書いた借金を完済するまでについての話のまとめです。詳しく読みたい方はこちらからどうぞ。 終わってみれば何という事は無く、▼借金問題に専門特化! ←こういった機関に相談すれば良かったんです。 借金の始まり19才の時に初めてクレジットカードを作り、『リボ払い』という形を特に理解していないまま使ったという事が一番の問題でした。 クレジットカードを使った事が無い人の為にそのリボ払いがどういうものか説明します。 これは一例ですが……。 となります。 お判りでしょうか? 最終的な支払い金額が4040円も増えていますね。しかも、十五回(十五か月間)の間に一回もカードを使わなかった場合はこれで済みますが、翌月にもう一度同じことをしてみましょう。 最初の40000円-初月の返済額2491円+二度目の40000円×15.0%÷365日×31日=88467円 となります。利息だけで約1万円増えていますね。手数料だけでです。もうちょっと出したら最初のバッグが買えてしまいますね。 でも、当時の僕は月々3000円とかなら払えると思いその時は買うわけです。カードってお金を払っている感覚が無いんですよね。引き落としも銀行口座からなので自分の目に見える所では一切お金が動いていない。 バカな僕は上記の計算のような事を毎月繰り返して次第に利用可能額の30万円に到達します。さて、では三十万の手数料はどうなるでしょうか? 300000円×15.0%÷365日×31日=382,1…

続きを読む

もっと見る