工場勤務はここから!

この記事の内容の頃、僕の仕事はというと派遣社員でした。

というのも、ある事情でそれまで住んでいた都内を離れたからなんです。

地元ともまた違った地方での扱いは酷いものでした。

勿論、この頃まだ借金があったので返さなくてはいけません。その為には働かなくてはいけないのですが、もう正社員になろうと面接を受けたんです。

ですが……、地元でもない地方ではすぐや辞められたら困るという理由で採用はされませんでした。引っ越して来たばかりですからね。それが2・3社ですね。

でもいい加減働かないと貯金なんて皆無の僕は生活すら困難になります。

そんな時に見つけたのがここでした。


↑詳細は上のバナー(画像)をクリックorタップ。

工場系の派遣社員です。

資格も要らず(あったらあったで活用できる職場を紹介してくれるのかもしれませんが)、引っ越して来たばかりの僕も採用してくれました。

社員登用制度のある所を紹介して欲しいという条件を出したところ、上手く紹介してくれて生活は順調になりました。

例の詐欺が発覚したのはこの頃……。詳しくはコチラ……。そして本気の返済に走る……と。

でも、返済に走れたのは本当にこの工場での仕事が上手く行っていたからで、担当してくれた派遣会社の担当さんも懇意にしてくれたので、その人に泥を塗らない為にも頑張ろうと思えました。
それも手だろうとは思っていましたが、だからと言ってサボったら自分が辛いだけなのでやるんですけど。

そこを一年半くらい続けて、先輩が派遣先の工場社員に昇格し、次の昇格時期が来たら(会社によって違うと思いますが、そこは1年ごとに派遣社員から正社員に上げる時期があるようです)僕の番だと宣言されたのでした。

頑張っていました。仕事も覚えて社員さん達とも仲良くなろうと少し話してみたり。でも、そう上手くは行かないんです。

リーマンショックによる派遣切りに巻き込まれたんです。

次に正社員に上がるはずの僕だって同じです。

ただ、そこは派遣会社の好意でまた違う所を紹介して貰えました。

工場の一工程を派遣会社で請け負っている形だったので、皆が同じ派遣会社です。

仲良く楽しくやっていたんですが、人件費が安い中国人に任せたいという派遣先の意向で僕らは全員切られました。

それでもまだ、 は僕を助けてくれました。

二十人近くいた派遣社員のほとんどを契約解消し、一枠だけ残っている派遣先を紹介してくれたのです。僕も雇用終了の書類を書いた次の日の事でした。ハローワークに着いたところで電話が来て、一枠の紹介をしてくれたんです。表向きは皆解雇という形で。
まぁ、もしかしたら他にもひそかに紹介しているのかもしれませんね。

新たな派遣先の工場で僕はまた頑張り順調に年数を経て借金も完済したのですが、今度は東日本大震災による工場の操業停止。
出勤日数が減るという事は、日給生活の僕はダイレクトに生活に影響が出ます。
7割は保証されるという事でしたが、それでもギリギリです。
バイトをしようにも、工場はいつ動くかわからない(その週の月曜に電話が来て何曜日が稼働日だから~という感じでした)からバイトをする事も出来ない。

本当に色々な障害がある数年でした。


◎最後に
ただの思い出語りのような記事になってしまいましたが、言いたいのはですね、引っ越したいけど家も仕事も無いとなったら寮完備で高収入のシゴトが満載! ですし、工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」 がお勧めです。

例によってお世話になったので宣伝記事です(笑)




この記事へのコメント