もはや必須! ウォーターサーバーをおススメします。

こんにちは、Manabooです。

最近は病院など様々な場所でも目にする事が多くなったので、生活の中でも馴染んで来たと思われるウォーターサーバーですが、これを一般家庭で使っているという人も徐々に増えているように思われます。

実際に僕も友達の家に遊びに行った時に初めて使っていいなぁと思ったんです。

その友達が使用していたのがこちらでした。


【Kirala】という新ウォーターサーバー だそうです。 なぜここにしたのかを友達に聞いたんですけど、なんだと思いますか?

答えは上のバナーにあります。

だからといって、クリックするまでもないですよ。

「ウォーターサーバー欲しかったから探してて、浅田真央がイメージキャラクターをやっているから」だそうです。見たままです。好きらしいですね。

とはいっても実際にこのウォーターサーバーは他のウォーターサーバーと違う点がありまして、水がボトルではなく特殊な素材を使用したパックで出来ているパックなんです。自宅で処分できるので、回収を待つ必要がありません。これは良いですね。通常のウォーターサーバーで使用するボトルは大きいので場所も取りますし。

そしてなんといっても最大の特徴は、炭酸水が作れる事!!

僕は炭酸水を買って飲むんですけど、やっぱりコスパの問題がありますし、ペットボトルなのでいくら強炭酸とはいってもすぐには飲みきれなくて開け閉めする事で炭酸が抜けていく。

なにより飲んだ後のボトルが邪魔!

ちなみに僕が飲んでいるのはこれです。


普通の炭酸水の他にもレモンフレーバーやビアフレーバー(ビール風)のものとかあるので炭酸水を探している方は見てみてください。
家でカクテルを作る際の炭酸水などにも良いかと思います。




話を戻しましょう……。

それで僕も家にウォーターサーバーを導入しようと思ったんです。



でも、ショッピングモールの店頭説明会みたいなのがあったり、ネットで検索しても色々出て来て何が良いのかわかりません。

例えば、富士山麓の水とか○○山の水とか言われても飲んでみないとわかりませんよね? 試飲サービスのようなものがあればいいんですけど……いや、仮にあったとしても何社も試飲を注文するのがめんどくさい。

そう、注文がめんどくさい!

そこで僕は決めました。

注文しなくていいやつが良い



○○山の水とかはボトルを注文して送られてくる(上で紹介したサーバーなど、定期便的なメーカーもあります)ものをセットしなければいけないわけです。メーカーによってはサーバーの上部ではなく、下部にセット出来るので楽チン! などといったものもありますが、そもそも僕はその交換も面倒だし注文して家に業者が運んで来るのを待つのも面倒だなと思ってしまったんです。

えぇ、大変なめんどくさがりです。
なんせめんどくさくてタバコ吸うのも辞められたくらいなので(笑)


また話が逸れましたが、僕が選んだウォーターサーバーはコチラです。


なぜこれを選んだのかというと、ボトルが無いからです(笑)

だったら水道水でも飲んでおけ!という声が聞こえてきそうですが、全く違います。


◎Cool qooが優れている点


その特徴の一つはまずボトルレスという点になります。
じゃあサーバーに直接水を入れるの? と思う方もいるかもしれませんが、違います。何もする必要がありません。

まず、導入する際にキッチンの水道管から水を引っ張れるように工事します。これは業者がやってくれるので見ていても良いし、放っておいても大丈夫です。
全国対応で各地の業者によって作業時間はマチマチかと思いますが、僕は1時間くらいで済みました。

これでサーバーの中に水道管から水が来て、水やお湯を出せるようになります。

じゃあそれは水道水じゃないの? と思うでしょう。

違います。

これがCool Qooのサーバーの力です。




image06.png

都内の水道水はやっぱり田舎の方に比べると飲みにくさはあると思うんです。

僕は元々地方出身なのですが、中学の修学旅行で東京に行った際に「水道水は飲むな! 死ぬぞ!」とまで言われたほどです。
じゃあ東京の人は料理とかも全部エビアンとか使ってるのかなと中学生ながらに凄いなと思っていました。
実際別に飲めなくはないんですけどね。

実際に不純物を計測したデータがこちらです。



image09.png


他社サーバーの話も出てきていますが、他のサーバーも勿論○○山の水を汲み上げて綺麗にろ過してユーザーの元にお届けしています。

ですが、


image11.png


ボトルの中で菌が増殖してしまうんですね。これにも対策しているメーカーはあるようですが、ボトルであり、水を貯蔵する以上は少々の劣化は伴うでしょう。

その点、ボトルが無ければ問題ありません。

もう一つの特徴はサイズです。
病院等で見るウォーターサーバーなどはほとんどが床に置いてあると思うんです。インテリアとしても機能するようなデザインのサーバーも多いですが(友達の家のやつもそうです)、実際にあると邪魔だなと思ったんです。部屋的に。

ですがCool Qooは2種類用意されています。

coolqooサイズ.png


coolqooサイズ-2.png

卓上タイプがあります。タンクが小さいので中でろ過した水が途中で無くなったりはしますけど、パスタを茹でるお湯とかに使わない限りはそうそう切れる事はありません。

また、使い放題なので家だけではなくオフィス等でも使用されることが多いようです。
会社でコーヒーを飲もうと思っても缶コーヒーを買うかポットに入れてあるお湯を使ったり足して置いたり面倒だと思うんです。
でもこれならインスタントコーヒーの粉を入れてお湯を注げばすぐに出来ますからね。
会社に来客があった際も便利ですし。
こういった福利厚生も良いと思います。



そして、肝心の工場技術でろ過した水の飲み心地(?)ですが、とりあえず冷たいです。そして、喉元をその冷たさが通り体の中に染みていくのを実感します。雑味はおろか、何も残しません。

クリア! 透明!!

そんな感想です。おかげで僕は水を飲むようになって健康にもちょっと近付けたと思います。水だけではなく食生活も変えないと意味は無いんですけど……。


◎Cool Qooの悪い点

○炭酸水は作れない。
そもそも炭酸水作れるサーバーは上の【Kirala】 しか今は無いと思います。それでも炭酸水を作るガスのカートリッジ代が別でかかりますしね。

○◯◯山の水じゃない。
天然水とかにこだわる人は辞めた方がいいです。元は家の水道水を、工場の技術を用いて家でろ過して飲むというだけなので。

ただ、やっぱり上で紹介したようにボトルの水では不純物が心配なので、赤ちゃんがいる家庭などはミルクを作る時など新鮮な水がお勧めです。


◎実際に置いてみた。

うちは卓上タイプで、キッチンの横に設置してます。

サーバー1.png

サーバー2.png

2枚目は整備の人の電話番号が貼ってあるので消してます。
500ミリリットルのペットボトルと比較したらわかりやすいかと思って置いてますがどうでしょう?
同じボトルを買って置いてみるとあなたのキッチンのイメージが出来るかもしれませんよ。

◎ウォーターサーバーのある生活
まず、コーヒーを飲む時にお湯を沸かす必要が無くなりました。約85℃のお湯が出ますからね。急な来客にもすぐに対応できます。
正直、コーヒーをすぐ飲めるようにという為だけに導入したかったという事もあるくらいです。

使ってみると、一番活躍するのは夏ですよ。
暑い外から帰って来て、手を洗ってまずグラスに水を注いで飲む。氷なんか要りません。すぐに約4℃の水が出るので冷蔵庫で冷やしたくらいのキンキンの水が体の中に浸透します。

一年ごとに点検も来てくれるのですが、向こうから電話をくれて日程を聞いてくれてそれに合わせてくれたのでメンテナンスも楽でした。正味30分くらいでした。人をあまり家に入れたくないという人は止めた方が良いと思います。


◎もう一つオススメ。


こちらは足元にボトルを設置するタイプもあったり、ウッド調でインテリアを壊さないようなものもあります。一見してウォーターサーバーには見えませんね。

rakuraku_img02.jpg

サーバー代は無料なので、費用は純粋に水代だけですね。

その水も、静岡・京都・大分の採水場からお住まいの場所に近い水を汲み上げてから48時間以内に発送という事で新鮮さも保たれるようです。




気になったものがあったら各バナーをクリックして詳細を見てみてください。
きっと生活を変えてしまう素晴らしいものに巡り合えるでしょう。
僕はもうウォーターサーバーの無い生活には戻れません(笑)

この記事へのコメント