任意整理

◎任意整理って?


任意整理とは、裁判所を介さずに債権者との交渉によって債務額の確定を行い、弁済方法について和解する方法です。

債務者(借金した人)本人が行う事も可能ですが、裁判所を通さない『私的な』債務整理なので、債権者の有利な合意内容になってしまいがちです。

あくまで主導権は向こうにあると考えて良いでしょう。

任意整理を行うのであれば、弁護士や法務大臣から代理権を付与された司法書士(認定司法書士)などの専門家に依頼した方が良いでしょう。

任意整理を行う場合は、全ての債権者(借りているカードローン・キャッシングローンの各社)との合意が必要になり、返済期間もあまり長期になると応じて貰えないケースもあるので、3年程度が目安です。




 
法令 -
対象者 利息制限法を超える利息での支払いをしている(いた)人で、債務の減額をはかりたい人。
手続き開始要件 債務の減額を相手方に要請するとき
手続きの概要 利息制限法の法定利息に基づき「引き直し計算」を実施して超過した支払がある場合、弁護士・司法書士に依頼して相手方(債権者)と債務の減額や返済方法につき交渉してもらう。交渉が成立すると債務の減額が図れる
手続きする場所 任意
手続き期間 おおよそ2カ月。
おおよその費用 弁護士報酬の場合、10万円 - 50万円。司法書士報酬の場合2万円 - 30万円の着手金と減額報酬がある場合はそれを支払う必要がある。
成立の効果 交渉が成立した債務の減額や返済方法などは、合意書として契約が交わされ、契約を持って法的な拘束力を持つ
成立の要件 相手方の同意
手続きの特徴 他の債務整理方法と比較するともっとも手間がかからない
代理人の資格 弁護士・簡裁訴訟等代理業務取扱認定司法書士※ただし、左記司法書士の取り扱える請求金額は140万円未満
その他
 相手方が交渉に応ずる強制力がない。






























◎任意整理をやるにはどうしたらいいの?
ほとんどの場合が自分で交渉しても相手にされない事が多い為、弁護士か司法書士に相談する必要があります。


1.借金について弁護士・司法書士に相談する
現在の収入、月々の返済額、負債総額など、出来る限り詳細な内容を伝え、実際に任意整理が可能か判断してもらいます。
状況によっては他の方法を検討する必要があります。


2・弁護士、司法書士に依頼し、受任契約を行う
任意整理が可能であると判断した場合、実際に手続きを進める事になります。


3.弁護士・司法書士が債権者に受任通知(債務者の代理になったという通知書)を発送
任意整理の手続きを受任したことを通達します。


4.直ちに借金の返済が停止し、各債権者からの請求が止まる
受任通知を受け取った債権者が借金の催促を行うと、業務停止等の罰則がある為督促行為は行えなくなります。


5.弁護士・司法書士が債権者に取引履歴の開示を求める
弁護士・司法書士が請求する事により、貸金業法によって義務付けられているので開示しなければなりません。


6.任意整理の和解案(返済プラン)を作成
取引履歴をもと鬼、利息制限法に基づいた引き直し計算を行います。
法律上正確な債務額や過払い額がわかります。


7.弁護士・司法書士が債権者と交渉する
それまで法定利息を越えて返済した金額は元金に充てられ、債務額を減らすように債権者と交渉し、減額後の債務額に対して利息をカットして返済するように各債権者と契約を締結します。


8.債権者の同意が得られたら和解成立
法律上の債務額を元に、各社と減額交渉し、和解成立した債権者から弁済を始めます。


9.任意整理の和解案に沿って、その後返済を始める
原則3年(36回)として、事情によって長期分割返済も可能になります。
また、過払い金があった場合は債権者からその金額が振り込まれます。


※交渉が決裂した場合は、別な方法を選択し、改めて債務整理手続きを検討する事になります。


◎任意整理の費用ってどれくらい?

任意整理手続きの相談・依頼には報酬を支払う必要があります。
それぞれの目安は下記のようになっています。

弁護士報酬の目安
着手金として10~30万前後との回答9割あり、報酬金として0~20万前後と9割が回答しています。
合わせると総額10万~50万前後の費用が必要になります(2008年度版日本弁護士連合会アンケートより)。


司法書士の目安
着手金として2~30万円となり、報酬金は減額報酬を受け取るケースもあれば無い場合も有るそうです(平成20年1月実施・日本司法書士連合会アンケートより)。


◎弁護士と司法書士って何が変わるの?

弁護士・司法書士比較
 請求金額140万円以下請求金額140万円越え
弁護士
交渉権・訴訟代理権あり。
地方裁判所・簡易裁判所の双方で手続きが可能。
交渉権・訴訟代理権あり。
司法書士
交渉権・訴訟代理権あり。
簡易裁判所でのみ手続きが可能。
交渉権・訴訟代理権なし。
※書類等作成を依頼する事は可能。



以上が任意整理です。

費用は掛かりますが、今後も利息と減らない元金で長年払い続けていくよりは懸命な判断だと思います。


任意整理が出来ない方はこちら↓





この記事へのコメント