6.借金返済の道のり

さて、いよいよ本題に入ります。



僕は合計4社から約200万円という多額の借金をしました。以前の記事で書いた通り、予期せぬ借金もありますが……。



もう返済も終わったのでカードも資料も全部捨ててしまったので手元に無いのでわかりませんが、その四社を全てこちらの記事で説明した金額と利率で返済したとします。



支払額3,000円のうち利息で509円取られるので実際には2,491円しか返せません。


これが4社ならどうでしょうか?



返済額12,000円=利息2,036円+実際の返済額9,964円


となります。それが一年間なら?
返済額12,000円×12ヶ月=利息2,036円×12ヶ月+実際の返済額9,964円×12ヶ月なので、


144,000円=24,432円+119,568円


となります。丸二ヶ月分の返済額が利息として消えますね。

借金総額200万円に対して一年間で二十分の一程度しか返せません。

それならどうすれば良いのか……。


まずは利息を減らす事から始めるべきではないでしょうか?


4社分も利息があるから無駄が多いのです。


例えば、一社から200万円の借金なら話は変わりますね。

あくまで金額は例えですが、


返済額12000円=利息509円+実際の返済額11,491円


となります。それが一年間なら?
返済額12,000円×12ヶ月=利息509円×12ヶ月+実際の返済額11,491円×12ヶ月なので、


144,000円=6,108円+137,892円

となります。

借金説明.png



どうでしょうか? 

利息は仕方の無いものです。それも了承したうえで借りたのですから。


この方法はデメリットがあります。


前回書いたサイクル(借金やりくり術はコチラ)が使えません。きっちり返済期日に間に合わせなければいけません。

それでも返済が少しでも早くなるならこの道を選ぶしかありませんよね? 

借金サイクルのやりくりなんて言っても永遠に終わりませんから。あんなサイクルで返済出来るなら漫画みたいに命を賭けるゲームに参加するしかありませんが、現実にそんな話はありません。

一攫千金のチャンスなんてありません。

宝くじでも当たれば別ですが……せいぜいパチンコで10万くらいの大勝ちくらいが関の山でしょう。それを全部返済に充てても足りません。いや、僕を含めて借金をする人は返済になんて充てません。その十万を元手に更なる大勝を目指し、敗北するのです。
そして、あの時止めておけば良かった……なんて後悔するんですよね。

だから地道にでも返す道を選ぶしかないんです。


頑張りましょう。


僕は返済しました。出来ました。





……別の方法で。(ボソッ)


それではまた次回もよろしくお願いします!

この記事へのコメント