3.ドロ沼の借金〜増えるカード編〜

前回までに僕はカード1枚の全力攻撃により110万円超の借金を負うことになりました。


自己責任なんですけどね!


差し迫る支払い期日。


カードの支払いの他にも家賃や携帯代に光熱費とありとあらゆる引き落としが容赦無く襲って来ます。当然、そんなものに耐えうるだけの弾(収入)はありませんでした。

なす術もなく僕の口座から諭吉達が敵地に奪われて行きます。

ついに弾が尽きた中で、僕は返済の為の借金をする事になるのです。


という事で目をつけたのがライフカードでした。


名前がまさにライフラインとなるカードになるであろうと決めたわけではないですが、とりあえず10万円が上限のカードでした。


10万でも無いよりマシだと考えた当時の僕は(今考えると無い方がマシなんですよね)そこから借りてエポスカードに返済しました。



当然、そのライフカードの返済も加わり更に状況は悪化します。


そんな折に、バイト先では人件費の削減という名目で一人当たりの勤務時間の減少が始まりました。

これはダイレクトに収入に反映される事案であり大ピンチを迎えた僕は、登録型の日雇い派遣に登録しなんとか収入を繋ぐのですが、今度は生活費を補うために必要になったお金を借りる必要がありました。

この時点で僕のクレジットカードに対する意識は変わっていました。


上限50万円=貯金50万円


返せば使えるようになりますからね。ただ、前回の記事にも書いた通り、3000円返しても利息が含まれるので実際には半分ちょっとしか返せていません。貯金とも思っていた上限額も擦り減って行きます。

そんな中でも返せているという現状に勘違いしている僕は買い物でもカードを使ってしまうわけで、再び限界が来ました。

既に二年も返済が続いていますが、一向に減りません。むしろ、増える一方です。


そんな僕は再び新しいカードを作ります。

エポスカードの系列でこれはたしかキャッシングのみのカードで上限が30万円でした。

お判りでしょうか? 貯金額が30万円増えました。と勘違いするわけです。

しつこいようですが、返せば使えますからね。



既に僕は150万円の借金を負ったわけです。

返したところで返済額の半分近くが利息として意味の無いものになってしまう。

もう普通のバイトだけで返せるわけがないと踏んだ僕は……ざわ……ざわ……。




次回に乞うご期待!

この記事へのコメント