1.借金の始まり~初めてのリボ払い編~

唐突ですが、皆さんは欲しいものはありますか?


寒い時期になって来るとやっぱり毎年コートをやっぱり欲しくなってしまいますよね?


服だけではなく、新しいスマホが出るたびに欲しくなってしまう人もいます。


コンビニの新しいスイーツを毎回食べてしまう人もいますし、CDやBlu-rayが欲しい人もいるでしょう。


それらは勿論お金が無くては買えません。けれど、無くても買えてしまうとしたら?


そんな不可能を可能にするのが『クレジットカード』という魔法のカードですね。


19才の頃に出会い、初めて作ったクレジットカードは『エポスカード』です。

これはOIOI(マルイと読みます。地方民だった僕は何の迷いも無くオイオイと読みました。読みますよね?笑)で欲しかったものがあり、でも金が無いと悩んでいた所で店員さんに教えられたものでした。

これが地獄への始まりとは知らずに僕は特に考えもせずにカードを作り使ってしまうのでした。

『リボ払い』という形で……。

クレジットカードを使った事が無い人の為にそのリボ払いがどういうものか説明しますと……。


これは一例ですが……。

リボ説明.png



となります。


お判りでしょうか? 4040円も増えていますね。しかも、十五回(十五か月間)の間に一回もカードを使わなかった場合はこれで済みますが、翌月にもう一度同じことをしてみましょう。

最初の40000円-初月の返済額2491円+二度目の40000円×15.0%÷365日×31日=88467円

となります。約1万円増えていますね。手数料だけでです。もうちょっと出したら最初のバッグを買えますね。

でも、当時の僕は月々3000円とかなら払えると思いその時は買うわけです。カードってお金を払っている感覚が無いんですよね。引き落としも銀行口座からなので自分の目に見える所では一切お金が動いていない。

バカな僕は上記の計算のような事を毎月繰り返して次第に利用可能額の30万円に到達します。さて、では三十万の手数料はどうなるでしょうか?

300000円×15.0%÷365日×31日=382,191円


382,191円!!!

手数料だけで80000円オーバーです。まぁ、毎月の買い物で時期のズレはあったので完全にこの金額では無かったですが。


それでも返済に困った僕はもう一つのエポスカードの機能に着目しました。


長くなってきたのでそれはまた次回に。


救いはここにありました↓↓








この記事へのコメント